梅干しの様子

2つのボトルで飼育中のウメボシイソギンチャクボトル① 水温20℃前後(夜間は下がります) エアレーション無し 普段はフタ付き 1週間に1回程度の給餌(シラス、クリルなど) 1週間に1回程度水替(できない時は2週間程度)ボトル② 水温10℃前後(1日中) エアレーション有り イトマキヒトデ入り 1週間に1回程度の給餌(シラス、クリルなど) 1週間に1回程度水替(できない時は2週間程度)どっちもさほ…

続きを読む

イソギンチャクと共生ヤドカリ

カニやエビ、ヤドカリが定番の甲殻類たち形がかっこよかったり、動きがコミカルだったりで私は好きなほうです子どもの頃はよく川でサワガニや用水路でザリガニを採って飼育していました子どものいる家庭にはザリガニやメダカが入ったプラケースが玄関や軒先に置いてあったこと思い出します…さて、先日の話ですが、沖縄より到着したアカマツカサたちと一緒にヤドカリも一匹お願いしていましたそれがこちらのカブトヤドカリ水槽に…

続きを読む

サケの飼育は順調

先週の金曜日、サケの様子を確認するために幼稚園へお邪魔しました日々しっかり管理してもらっているので水質、水温等は問題なさそう。ちょっと水温設定が高いので10℃程度までサーモスタット設定を変えましたサケ飼育には温度調整が大切なので。屋外の日陰に設置、ヒーターが無ければきっと4℃か5℃の水温で育たなかったと推測。残念ながら途中で成長が止まって死んでしまったものを取り除きますすでに数匹は泳ぎだしては底…

続きを読む

最近の記事